予防をしておくだけでも

「風邪予防をしておくだけでは不十分」という意見ももちろん、理解できないわけではありませんが、実は、風邪予防をしておくことで、風邪をひいた時の症状を和らげることができるのです。 ここでは、風邪予防が風邪をひいた時の症状緩和にも役立つ、という仕組みをご紹介したいと思います。 風邪予防における「加湿・保湿・保温」は、せきやのどの痛み、悪寒・発熱といった症状の緩和に役立ちますし、十分な栄養を摂るという予防策は、風邪そのものを早く治すのに大きな効果を発揮します。 また、先述の通り、日常的な体力作りや健康維持は、メンタル面も含めたその他の病気予防にも効果的です。 そして何より、自分が風邪をひいた時にマスクをして人ごみを避けていれば、他の人に風邪をうつしてしまう危険性を減らすことができます。 以上のように、風邪予防をしておくことには非常に多くのメリットが存在する、ということがお分かりいただけたかと思います。 多少手間がかかるかもしれませんが、風邪をひいてつらい思いをするくらいなら、風邪予防をしておくことを強くお勧めします。

Copyright(c) 2015 季節の変わり目の風邪は All Rights Reserved.