風邪の予防はマスクで効果的に

「風邪予防にはマスクを着用」…多くの人に浸透し、ある程度定番化したとは言うものの、「マスクの着用は断固拒否!」という人がまだまだ決して少なくはない、というのも事実です。 飛沫感染の防止効果がより高いマスクを着用するほど、高機能かつ高額、息苦しさ(=不快感)を伴うわけですから、二の足を踏んでしまう気持ちも理解できないわけではありません。 ただ、マスクを着用しない人にこそ、ぜひとも着目していただきたいのは、「飛沫感染を防ぐことだけがマスクの目的にあらず」ということです。 風邪やインフルエンザが流行する要因の一つである「湿度」。 マスクを着用すれば、のどのような呼吸器の粘膜の乾燥を和らげることができます。 ウイルスが最も活発になるのは低温かつ低湿度の環境ですから、マスクを着用することで「せめてうるおいを保つくらいは」というわけです。 保湿効果だけであれば、ガーゼや紙の簡易なマスクで構いません。 外出時や人の多い所に行く際は、ぜひマスクを着用することをお勧めします。

Copyright(c) 2015 季節の変わり目の風邪は All Rights Reserved.